株式会社佐藤林業 木を育て、木と共に80年
HOME
国産優良木材製材
ログハウス
真壁の家
木材加工例
社寺仏閣
公園施設
土木資材
薪ストーブ
ラジエントヒーター
会社概要
アクセス・地図
お問合せ
>> 加熱処理内装材
>> 加熱処理内装材 >> 特徴
 特徴
カネリ両面加熱処理材の特徴
1.モルダー加工後両面加熱(桧:240℃、杉:260℃)処理します。
2.機械を通す際、あとのふくらみを抑えるため、極力圧はかけずに焼いていきます。
3.通常片面処理が多いですが、両面同時に掛けることによりカプリング(反り)防止になります。
4.熱を加えることで樹脂成分が表面を覆うため、耐摩耗性が向上し、塗装したような光沢が出、高級感を引き出します。
5.杉の場合は木目が鮮明に出てきて、肌触りも良くなります。
6.塗装の必要性もなく、木の本来の良さを打ち出せます。
◆お問合せは→コチラから
>>ページTOPへ 
2007 (c) Sato Forestry Co., Ltd. All rights reserved.